近所のコンビニにて、

『うちなーらいふ』 (定価150円)
『Goo Home』 (定価120円)
『住まいずむ』 (定価100円)


の3冊を、
購入してきました!!
雑誌

最新号(2015年3月発売号)ですドキドキ

(先月号も事務所に置いてあります☆)

以前働いていた東京では、
駅前に無料で、「SUUMO」の新築マンションの特集号
が毎週たくさん置いてありましたが、
賃貸物件を載せている雑誌は見かけませんでした。

沖縄では、不動産情報誌がいまだに親しまれているようです(=⌒▽⌒=)

有料ですが、どこのコンビニにも必ず置いてあって、
そこそこ購入されている様子です本

(『うちなーらいふ』『Goo Home』はよく何冊か積んでありますが、
 『住まいずむ』は置いてあるところ少な目です)

×悪い点×

・ウェブと比べると、
原稿を入稿して、編集して、印刷して、出荷して、と時間がかかるので、
情報はどうしても古くなってしまうと思います。

しかも月刊なので、
既になくなっている物件もかなりあるのでは??と思いますあせる

特に賃貸物件は、なくなっている可能性が高そうです。
売買物件は購入を検討される時間が長いので、残っていることが多いと思います。

・また、ウェブ画面からクリックしてホームページにとんだり、
電話をかけたり、
地図をチェックしたり出来ないので、
打ち込む手間が少し不便だと思います。

○(まる)良い点○(まる)

・ウェブ画面と違って、目に優しい。

・たくさんの情報をざーっと並べて比較できて、
 眺めて視覚的に相場が分かります。

・付箋をはったり、マーカーを引いたり、そのページを切っておいたりして、
 ページが削除されることもなく、捨てない限りは保管ができます。

・デジタル機器がなくても人に情報を共有できます。

・不動産に関する特集ページや、広告ページが載っているので、
 参考にすることが出来ます。

・住所、間取り、いくらぐらいの価格帯か、いつ引っ越したいのか、
 希望がハッキリしていない段階でも、検索情報を打ち込むことなく、
 時間をかけずに、ぼんやりパラパラとめくって眺めることが出来る。

ウェブ媒体とは、違う活用が出来ますね☆

厚み

ちなみに厚みを比べてみると、結構違います!
↑上から『住まいずむ』、『うちなーらいふ』、『Goo Home』

ページ数は、
『住まいずむ』242ページ
『うちなーらいふ』576ページ
『Goo Home』560ページ
           でした♪

各誌の特徴や、特集ページ、
特に沖縄市の相場や情報をチェックしようと思いますアップ音譜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA